Close

辛い思い出。前を向きたいのに…。【過去】に縛られてしまうときは?

忘れたいのに忘れられない。

しつこく付きまとう悲しい記憶に、鬱陶しいほどの寂しさという感情。

意地悪なあの人から守れなかった自分自身。

思い悩むばかりにネガティブになって、悪循環を感じているにも関わらず、

出口の見えないゴールを探し続けてしまうとき。

あなたは何を願いますか?

過去に縛られてしまう今を過ごしているアナタヘ。

忘れられない

ほんの一瞬。それはもうあっという間の出来事で、後悔までもが蘇ってしまうのだからどうしようもない。

心が乱されてしまう、辛い思い出。あなたにもきっとあるでしょう?

叶えたかったのに全然叶わなくて、届きそうで届きもしなかったあの出来事。

辛かった過去へ。悲しかったあの日へ。

あっという間に引き戻されてしまうんだ・・・。

思い出したくもないのに思い出して、考えるつもりはないのに考えている。

その繰り返しの日々に、辿り着いてしまった過去への執着。

記憶に縛られている今を、あなたも過ごしてはいませんか?

大きな口を開けて、見えなくなるほどに目を細めて大笑いすることができたら、

どんなにいいか・・・。

苦しすぎる今から抜け出したいはずなのに俯いてしまうから、気持ちは迷子になるばかり。

上手くいかなかった過去に縛られた今は、不本意過ぎてただ悔しい。

心無い一言。聞きたくなかった真実。

込み上げた怒りと想像以上に深く刻まれた心の傷に、呆然と立ちすくむ。

今もこんなに満たされない感情を与えてしまう過去は、早く手放したいのに。

 

あなた自身の【これから】に

あのときこうしておけば。あのときああしておけば。

嫌になるほど丁寧に、繰り返し思い返してしまうのはなぜだろう。

今となっては上辺だけの笑みを浮かべて、なんとか話すこともできるけど、

ふとした瞬間にそれはあっという間に崩れ落ちて、涙を流してしまうほど腹が立つ。

昔話には、とてもじゃないけれど今はまだできそうにないから、こんなにも今が苦しいのかな・・・。

あなたにはありませんか?

しつこく付きまとう悲しい記憶に、鬱陶しいほどの寂しさという感情。

意地悪なあの人から守れなかった自分自身。

簡単には忘れることができない過去のこと。

あのとき感じた怒りの頼りなさは、今ならぜんぶ分かるのに。

怒りを上回る屈辱は、勇気やら自信やらすべてを奪ってしまうことに、

あなたもきっと気付いているでしょう?

過去に縛られてしまう今を投げやりにやり過ごしてしまい、悲しみに暮れてしまうときは、

あなた自身の【これから】に目を向けて欲しいと思います。

大切なのは「あのとき」ではなく「次からは」

これからの自分を信じてあげるうこと。

傷付いた心を強く抱きしめて、あなたの守るべきものをしっかりと見つめて下さい。

思い出したくないのに思い出して、考えるつももないのに考えてしまう過去には、

あなたの想いがきっと込められているはずだから。

感情の行き場を見失って、思ったよりややこしくなって、

思うように対処することができなかった、過去の出来事。

辛かった過去に縛られてしまうときは、次こそはと前を向きましょう。

悲しみを振り払うためにのエネルギーに変わる。私はそう信じています。

あなたは今を生きているのだから、笑顔を思い出せるように。

 

前を向くきっかけを

スポンサーリンク

過去に縛られてしまうときこそ、自分自身と向き合うこと。

今の自分を好きになることができるように、経験を教訓に変えることができるように。

心の声に耳を傾けてみませんか?

ネガティブな感情に追い込まれてばかりでは、今という毎日に訪れる奇跡さえも、

見逃してしまうかもしれない。

日々に溢れた小さな優しさや幸福を、見落としていることに気が付いているのなら、

一度立ち止まる時間を設けてみてはいかがでしょうか?

悔やむことは学びに繋がるものではあるけれど、まずは心に余裕を与えてあげること。

今のあなたは擦り切れるまで走り抜けてきた。そんな状態でしょう・・・?

心を労わることを、自分を愛することを。しっかりといま思い出して欲しいと思います。

怒りや悲しみを許すことには、時間が必要です。

心がこんな風にとらわれてしまう辛い過去。

手放したくても手放すことが容易ではないのは、当たり前ともいえるはず。

そもそも許すことができないのであれば、無理をして許す必要もない。

未来へ繋げることができるあなたなりの落としどころを見つけることで、

きっと今を乗り越えるためのヒントに出会えるから・・・。

大きな後悔を感じているからこそ、呪いのように繰り返しそこに帰ってしまう今。

教訓として受け取ることで、前を向くきっかけを自分自身で作ることが重要です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

過去に縛られてしまうとき。あなたは何を願いますか?

苦しい今を越えるために、がむしゃらになったり、

悲しい今をやり過ごすために、見ないふりをしたり・・・。

後悔に溢れたあの日のことに、縛られたくもないのに縛られてしまう時間を、

過ごしているのではないでしょうか?

思い悩むばかりにネガティブになって、悪循環を感じているにも関わらず、

出口の見えないゴールを探し続けてしまうときもあるかもしれません。

まずは深呼吸をして下さい。そして、自分自身としっかりと向き合うこと。

あなたの今を愛すことができるように、笑顔を取り戻すための方法を、

見つめて欲しいと思います。

何事にも時間は必要です。焦らずにそして俯かずに、あなたの今を信じてみませんか?

「まだまだこれから」そう願うことで、きっと新しい光を受け止められるはずだから。
 
 

スポンサーリンク