Close

もう限界。姑と舅の【嫌やがらせ】あなたはどうしてる?

何がそんなに気に食わないのか?

目の前にいる二人の歪む口元に、目を覆いたくなった。

できれば関わりたくない、義両親とのこと。

しつこい嫌がらせに、我慢や無理を続けないために。

くだらない嫌がらせ

「随分とくだらないことばかり言いますね」

喉まで出掛かった言葉を何となく抑え込んで、

正しい選択かも分からないけれど、同じ土俵に上がってはダメだと言い聞かせて、

気が遠くなりそうな今に力いっぱい押し付けた。

目の前にいる二人の歪む口元に、目を覆いたくなった。

こんな現実、認めたくない・・・。

心の奥が乾いたらどうしようもなく喉も乾いて、流し込むように飲んだコーヒー。

姑が淹れたコーヒーに少しだけ吐き気がして、心の限界を感じてしまうこの時間。

姑と舅の乾いた笑い声に、絶望を感じながら、時計に目をやって、呪うように願う「帰りたい」

上手くいかないとか、上手くやれないとか・・・。

そんな一言で片付けることができない義実家との関係性。

あなたも悩んでいませんか?

口を開けば両親を。思い出したように兄弟のことを。

目を細めて嫌味を言う姑と舅。

悲しみを通り越してやって来た怒りに、動揺してまた時計を睨み付けた。

 
スポンサーリンク

震える掌に滲む汗

切り離せないのは、愛した人の家族という肩書き。

だから私はいつでも気付かないふりをして、愛想笑いを続けて来たのかもしれない。

胸を突き刺す痛みにハッとして、限界という壁にぶつかって、

跳ね返されたらあっという間に、涙で前が見えなくなったんだ・・・。

いつも同じ質問をされる。

どうでもいいことを、何度も聞くその意味はたったひとつしか見当たらない。

馬鹿にされて、屈辱を受けて。そうただの嫌がらせ。

同じ手口に引っ掛かったふり、もうやめようと思った。

目の前にいる姑が、わざとらしく目を見開いて私の方をじっと見るその横で、

薄っすらと笑みを浮かべて私を見ている舅。

愛した人の家族という肩書きが崩れ落ちて、辛くなる。

我慢を続けていませんか?震える掌に、滲む汗。

どうしようもなく意地悪な嫌味な言動に、振り回されていないでしょうか?

家族だから。夫の両親だから・・・。

そうやって言い聞かせるたびに、擦り減る気持ち。

 

露になる現実

次こそはなんて意気込んでいても、結局は後悔を感じてしまうこの時間。

背筋を伸ばして強く見せようと必死になっても、傷付けられる恐怖はどこにも消えてはくれなくて、

体だけが強張ってしまう。

張り裂けそうな緊張感を抱えて向き合う、姑と舅と過ごす今に。

あなたは何を思うでしょうか?

本当は全てを投げ出したいのに、結婚という誓いに心だけが揺さぶられてしまう。

無駄に付きまとう責任感に苛立っても、何も変わらない現実に迷いだけが露になる。

いくら義両親だからと言って、全てを許す必要はありません。

失礼だと思ったこと。受けた屈辱。

感じた違和感は大切に受け止めて欲しいと思います。

今に負けないように。流されてしまわないために・・・。

自分を守る方法を身に付けましょう。

あなたが愛を誓った相手は夫であって、義両親ではないのだから・・・。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

姑と舅の嫌がらせ。本当にめんどくさいですよね。

何がそんなに気に食わないのか?

思い切って、冷静にぶつかるのもひとつの方法かもしれませんが、

できれば関わりたくないのが本音でしょう。

しつこい嫌がらせに、我慢や無理は続けないこと。

心が疲れてしまうから・・・。

自分のことは自分で守るつもりで、自分自身を労わって欲しいと思います。
 
 

スポンサーリンク