Close

運命を感じた【特別な恋】あなたの今は幸せですか?

「つまらない」 「くだらない」

それ以外の選択肢を見つけることもできずに、繰り返し言い聞かせてきた、

悲しい言葉。

日々に起こるやるせない出来事の数々は、誰のせいでもないときもあれば、

誰かのせいのときもある。

そんな私に、あの日彼が教えてくれた日々の幸せ。

今もそっと抱きしめているんだ・・・。

恋の結末よりも大切な、この想いの続き。

運命を感じた【特別】な恋のこと。

特別な人

一瞬で心奪われて、呆然と立ちすむ。

こんなことってあるんだね。こんなことが、あるなんて・・・。

今もまだ信じられなくて、頬をつねった。

ついさっきのこと。あの瞬間に感じた「好き」を今もこうして思い返して、

一人でにやけてしまうから。

抜群のタイミング。

こんな人探していた。こんな人にずっと出会いたかったんだ・・・。

そうつまりは、理想の人。

浮かれてしまう自分を必死になって隠すけど、やっぱり想いは溢れ返ってしまう。

素直すぎて恥ずかしい。こんなにも恋をしてまったこと。

運命を感じた特別すぎる恋に、あなたも出会っていませんか?

探していた答え。求めていたきらめきは、彼に出会って手にすることができた。

まっすぐに伸びたこの気持ちを、優しく強く抱きしめて過ごす今に、

淡い期待が私を包み込む。

特別と呼べる恋との出会い。あなたの想うその人は誰ですか?

難しい話も、くだらない冗談も。ずっとずっと聞かせて欲しい。

気になって知りたくて、止まらないこの想いは、

重なり合った偶然が見せてくれた夢のようで、戸惑ってしまう。

今までとは違う何かに気が付いてしまったの。

居てくれるだけで幸福で、届かなくても幸福で。

溢れ返るポジティブに、幸せで零れた溜め息。

 

きっと、ずっと

「今日が良い日になりますように」

憧れにも似たこの気持ち。いつの間にか尊敬に変わって、

そっと見守りたくなる。

不器用だけど、いつも誰よりも人を想う彼に心を澄まして考える、

特別なこの想いを。

学びの多い、気付きの多い恋をしていませんか?

「つまらない」 「くだらない」

それ以外の選択肢を見つけることもできずに、繰り返し言い聞かせてきた、

悲しい言葉。

日々に起こるやるせない出来事の数々は、誰のせいでもないときもあれば、

誰かのせいのときもあるから・・・。

どっちにしろ私をとことん惨めにさせてきたことには、何も変わりはないけれど。

いつだって心は自由になれなくて、諦めを知ったあの日のこと。

彼に出会って見つけることができた、新しい選択肢。

今までの私が救われたような、そんな気がしたんだ・・・。

心地良い風が通り抜けることができるほどの、心の余裕を与えてくれた、

特別な恋。

走り抜けることに必死で、大事なものに気が付くことができなかった私に、

当たり前という幸せを教えてくれたのも彼だから。

まるで魔法にでも掛かったように、今日も私は恋をする。

未来のことは誰にも分からないけれど・・・。今は未来すらも分かるような気がしてしまう。

きっとずっと好きでいるよ。

だってそれくらい、心に溢れる「ありがとう」がここにあるから。

 

初めての好き

スポンサーリンク

この想いを言葉に変えるのは、とても難しい。

例え彼が目の前にいて、言葉に耳を傾けてくれたとしても、

きっと私は困ってしまうだろう。

正直よく分かっていない。想いを伝えることが正解かも。

だって特別すぎるから・・・。

大好きなのに踏み出せないなんて、まるで初めての恋。

理由を説明するよりも、格好の良い言葉を準備するよりも、

ただまっすぐに瞳を見つめて、伝えられたらいい「好きです」と。

居てくれるだけで良いなんて、ありきたりな言葉でしか、

今はまだこの想いを説明できないけれど、それ以上の想いを伝える言葉が見当たらない。

好きすぎるなんて、だってそんなの重苦しいでしょう?

特別すぎる恋だけど、特別すぎる想いだけど、

彼に迷惑はかけたくない。だって私は大人だから・・・。

朝も夜も一番に考える。瞼を閉じれば彼が浮かぶ。

あの日あの時、あの瞬間。

目が合ったような気がしたのは、きっと私だけなんだろうけど・・・。

知れば知るほど好きになってしまう、特別すぎる恋の行方。

あなたもきっと気になっているでしょう?

恋の結末よりも大切なこと。

目が眩むようなこの想いが、いつまでも続けばいいなということ。

たったひとつ祈るように、願うように抱く淡い期待。

恋に恋しているわけじゃない。ただ今しているこの恋が、幸せでたまらないから。

恋をしていることが楽しくて、恋をしている自分が好きなれるなんて、

今まで経験したことがない、特別すぎるこの気持ち。

それほどに好きでいるだけで、毎日に温かな光を見つけられるんだ。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

学びも気付きも多い、この特別な恋。

彼は今どこで、誰を想っているのかな・・・。

チクリと胸が痛むヤキモチも、こんなに愛おしいく想うことができるのは、

それだけ彼が与えくれたものが、大きすぎるからだと分かっている。

深呼吸をしたら、体からスッと抜けていく悲しみ。

最低な日も最高な日も、同じ空の下で頑張っていること。

考えるだけで、嬉しくなれるから・・・。

「ありがとう」

一人呟いて、今日もそっと想うよ。特別すぎる彼へ。
 
 

スポンサーリンク