Close

許せるワガママと、許せないその【ワガママ】の問題。

揺らぐ必要はなかったはずなのに、煽られた不安に心が騒がしくなって、

悲しくなって気付いたもの。

私自身は比べていなかったのに、比べられて初めて比べることを知るあの瞬間が、

すごく不愉快だと思ったんだ・・・。

許せるワガママと許せないそのワガママのこと。

あなたはどう思う?

異なって当然なはず

「話せてよかった」

満面の笑みでそんなこと言われても、今さら息苦しくなってしまうだけ。

何のための相談事?どうしてわざわざ、私にしたの?

結局は不安を煽りたいがために、持ち出された話題。

もうウンザリだ。

いつだって、どんなときだって。私に興味のないことばかりを話す、

あの子のこと。

あなたはどう思いますか・・・?

恋人がいなければ、恋人の話。結婚していなければ、結婚の話。

子供がいなければ、子供の話。

報告という名の丁寧すぎる自慢話は、なかなか終わりが見えやしないんだ。

他の話題に切り替えることもできないほどの、しつこすごる質問の時間。

優しい心で耳を貸すことができないのは、ところどころに敷き詰められた、

耳を疑いたくなるほどの嫌味の数々。

異なって当然な互いの人生を、わざわざ比例したがるから、

私も疲れてきてしまったよ・・・。

純粋な気持ちじゃないと分かるのは、含みを持たせるあの言い回し。

聞いていて反吐が出そうになる。

身近な明日も想像せずに、今が常にベストでありたい彼女にとって、

幸福を露呈することは、自分を肯定するためのスパイスのようなものなのかもしれない。

意地悪な瞳の奥に、見え隠れするライバル視。

もう気が付きたくないから・・・。

拍手喝采。そんな風に見下ろして、都合の良い言葉の準備も抜かりがない。

「これからもずっとよろしくね」

その一言でほら、また胸の奥が膿んでいく。

 
スポンサーリンク

衝撃

気まぐれで、言い訳が上手だから、

いつもこのパターン。この流れ。もう飽きたよ・・・。

約束の裏側、隠し切れてない。もう聞きたくない。

断っても会いたがって、断ってもしつこい連絡は続く。

それがあの子の自己肯定。

私を利用せずに、自分で見出して欲しいけど、

きっと自信がないから。、誰かと比べたいんだよね・・・。

深い溜め息のたびに、零れ落ちる大切なもの。

あなたも気付いているでしょう・・・?

私は私を守り抜きたいはずなのに、彼女に振り回されてばかりの毎日。

許せないワガママに、巻き込まれていませんか?

慌ててもどうしようもないことも、分かりやすく大袈裟に慌てて、

とどめのように私に放つあの意地悪な一言は、衝撃すぎて息をのむ。

そんなに気になる?そんなに心を狂わされしまっているの?私に。

比較対象にされて、呆れるほどに同じ話を聞かされてきた。

恋愛。彼氏。結婚。夫。出産。子供。

それぞれでいいじゃない!あなたに関係ないじゃない!

吐き出したくなった本音に、冷静さを引っ張り出して思わず目を閉じた。

心の奥にあるものは、わざわざ他人に見せる必要はない。

でも彼女は違うんだろうな。

 

許せないワガママ

笑っちゃうような可愛いワガママだったらいいのにね。

恋人同士でもないのに、そんなことを考えてしまうのは、

あの子の憎しみを感じるたびに、どうしてこうなってしまったのか、

深く考え込んでしまから・・・。

そして私は、この時間が大嫌いだから。

だってこれって、振り回されている証でしょう?

それぞれでいい。そんな風に思えたら、どんなにラクになる彼女に伝えたいけれど、

きっと火に油を注ぐ形で受け止められてしまいそうだから、そっと口を紡ぐ。

だからと言って、言われっぱなしじゃ、

あまりにも理不尽だとも思うんだ・・・。

素直な気持ちを、たまには言葉にすることができたらいいのにな。

「羨ましい」もそうだし「自信がない」も、同じでしょう?

自分と異なる人生に触れるたびに、ポジティブな選択肢を増やすことができたら、

今が大きく変わる気がしてたまらない。

優しい気持ちの重要さを感じるこの瞬間に、大事なものが分からなくなって、

自分らしさを見失いそうになる。

ワガママな友達の許したくないワガママに、苦しい思いをしていませんか?

揺らぐ必要はなかったはずなのに、煽られた不安に心が騒がしくなって、

悲しくなって気付いたもの。

私自身は比べていなかったのに、比べられて初めて比べることを知るあの瞬間が、

すごく不愉快だと思ったんだ・・・。

幸せを考えたときに、そこに答えは見つからなかったこと。

理解していたはずなのに。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

許せるワガママと許せないワガママ。

あなたが悩んでいるそれは、どちらでしょうか・・・?

息苦しいほどの困惑に、振り回されているのなら、

相手との関係性を見つめ直す、タイミングなのかもしれません。

あなたの心の声に耳を傾けて欲しいと思います。

悲しくなって気が付けたものは、これからに繋がる重要な鍵である場合が、

多いですよね。

自分を信じてあげてましょう。

不愉快さを感じた時点で、前者ではないはずだから・・・。
 
 

スポンサーリンク