Close

心が傷だらけ…。【嫌味な姑】に辛い思いをしていませんか?

わざとらしく投げ掛けられた質問に、心が怯え始めてしまう。

「あぁ、また傷付けられるんだ・・・」

胸の奥で呟いて、下を向いた。

心無い言葉に傷付けられて、悲しみに暮れる日々のこと。

嫌味な姑に辛い思いをしていませんか?

心の内を打ち明けて

何の話をしているのか分からなかった。

体中にまとわりつく憎しみに圧倒されているうちに、あっという間に次の話題が始まって、

相槌を取ることが追い付かない。

一呼吸置いて、止めを刺すようにぶつけられる嫌味。

そのとき初めて知ることになる。その憎しみの向かう先が私であることを・・・。

分かりやすいようで分かりにくい。それが嫌味な姑の特徴かもしれません。

要は自分が悪者になりたくないだけのこと。

自分の息子にバレないようにと繰り広げる、どこから引っ張り出してきた例え話は、

どうしようもなくバラエティに富んでいるから。

私と同じような性格の人を、私と同じような育ちの人を、わざわざ話題に持ち出しておいて、

「あ、あなたもそうだったわね・・・」なんて嘲笑う。

それが嫌味な姑の手口なのでしょう。

 

このままじゃダメ

苦しくなる。

怒りで体が震えてしまうあの感覚を、今も思い出して辛い。

そこまでして守るべき関係なのか?

ひとつひとつの言葉を思い返して、屈辱をもう一度味わってしまう。

心に深い傷を付ける、嫌味。

聞き流すほどの気力はもう湧かないし、ここまでして不快な思いをしたくない。

あなたの信頼できる人は誰ですか?

信じることができるその人に、あなたの心の内を伝えて欲しいと思います。

本来なら力になってくれるべき人は、ご主人です。

愛を誓った人なのだから・・・。

自分を守るための準備を始めましょう。

このままではあまりにも理不尽すぎて、あなたの心が傷だらけになってしまうから。

深呼吸をして前を向いて。

あのときあの場所で、言い返すことができなかったこと。

後悔に襲われてしまうほど、悔しさが込み上げてしまう今に立ち向かえるように・・・。

一人で抱え込まないで。

 
スポンサーリンク

心が怯えるほど

わざとらしく質問を投げ掛けてくる嫌味な姑。

私のことを嫌っているくせに、こうやっていつも無駄に関わろうとしてくるんだから、

本当に呆れてしまう。

嫁と姑。ただでさえ距離感に気を配りたい関係性なのに、

姑がこんなんじゃいつまで経っても変わらない・・・。

そんなことを考えているうちに、さっきよりも大きな声でぶつけられる同じ質問。

いつものように心の奥が怯え始めてしまう。

もう傷付けられたくない。もう屈辱は受けたくないと強く願っても、

想像を超えた嫌味が今日も、目の前に立ちはだかるのは分かっているから・・・。

姑という立場を利用しているけれど、姑という立場だけでは許されない乱暴な言葉たち。

あなたの心を守りましょう。

結婚したから?嫁だから?

言い聞かせて耐えてきた。その心をしっかりと抱きしめて欲しいと思います。

断ること。会わないこと。ご主人に守ってもらうこと。

諦めずに、今から抜け出す選択を見つけることが最優先です。

 

最後に

嫌味な姑に辛い思いをしていませんか?

心無い言葉に傷付けられて、悲しみに暮れてしまうときは、

あなたの心を守る選択をして欲しいと思います。

家族の問題。難しい問題だとは思いますが、心を犠牲にしてまで無理をして、

我慢を続けるものではありません。

信頼できる人に相談を。もちろんご主人の力も必要です。
 
 

スポンサーリンク