Close

思い返して、胸が苦しい…。今も忘れられない【特別な人】の記憶。

いつだって記憶の中のあの人は、キラキラと輝いていて、

相変わらずどうしようもなく眩しくて。

優しい笑顔を浮かべて、こっちを見ているから。

それがどうしようもなく悲しくもなってしまうのに。

忘れられない特別な人が、あなたにもいませんか?

今どこで、何をしているのだろう。幸せに過ごしていると良いな・・・。

そっと祈るように、そっと願うように。

今日も考えてしまう、特別なあの人のこと。

誰にも似ていないあの人のこと

あの日のことを後悔したらキリがない。

どうしようもない気持ちを抱え込んで、一人歩く帰り道。

忘れられない。忘れることができない、特別な人の記憶。

あなたにもきっとあるでしょう?

関係性は様々で、状況だってバラバラで。

それでもたった一つ、揺るがない想いがそこにはあるから、

いつだって記憶の中にいる、大切な人。

思い浮かぶその人は誰ですか?

親友と呼び合うことができたあの子のことや、本気で恋した彼のこと。

想いを伝える前にサヨナラをした好きな人に、もう会えないあの人のこと。

思い返せば、いくらでもチャンスはあったのに。

言葉にすることがなかった大事な気持ちは、今もこうして私の中に溢れている。

まっさらでまっすぐで・・・。不器用だったあの頃を想えば、こんな風に過去を懐かしむことができている自分にも、

驚いてしまう。

「誰に似ているの?」 「その人はどんな人?」

聞かれても答えることができないのは、誰かに当てはめることもできない、

誰にも似ていない特別な人だから。

 

変わらない想いに願い

時間が癒してくれるとよく言うけれど、本当はただ単純に、

忘れてしまうだけなのではないかと、時々不安にもなる。

忘れることが心の整理に。つまりは癒しに繋がることも、理解してはいるつもりだけれど、

どこかで卑屈に頑なに抵抗をしてしまうのは、それだけ忘れたくはない特別な人だったから・・・。

思い出すたびに、悔しくなるほど好きだったことを突きつけられて、

胸の奥がギュッとなる。

振り返る思い出。特別な人の記憶。

今のあなたは何を想うでしょうか?

どんなに満足のいく今を過ごしていたとしても、思い出を辿るあの瞬間は、

どこかで「戻りたい」と感じているのかもしれない。そんなことを思ったんだ・・・。

だっていつだって、記憶の中のあの人はキラキラと輝いていて、

相変わらずどうしようもなく眩しくて。

優しい笑顔を浮かべて、こっちを見ているから。

それがどうしようもなく悲しくもなってしまうのに。

今どこで、何をしているのだろう。幸せに過ごしていると良いな・・・。

溜め息交じりに、吐き出した特別な人の名前。

想い方の形は変わっても、想いの中身は変わらない。

いつまでも忘れることができない、特別な人との特別な記憶。

今もこうして私の中にそっと居てくれる。

 

忘れられないその理由

スポンサーリンク

どうして?なんで?こんなにも今も想ってしまうのだろう。

こなんにも忘れられずにいるのだろう。

想いに更けて少し泣く。それでも今は会うことはできないから、

そっとまた胸の中に閉じ込める、特別な記憶。

心が通じたあの瞬間に、確かに私は幸せを感じたんだ・・・。

どうして?なんで?

探しているその答えは、過ごしてきた時間の中にあるのかもしれません。

あの日あの時、あの瞬間の出来事は、私とあの人の二人だけの思い出で・・。

それだけでもう十分すぎるくらいに、特別と呼べるものなのかもしれないけれど。、

過ごした時間をこれほど愛おしく想える人との出会いは、なかなか訪れないものだから。

いつまでも特別でいさせて欲しい、大切な思い出。

思い返すあの日のことは、それだけ今のあなたに影響を与えた時間なのかもしれません。

交わした会話も、笑った冗談も。

呆れるほどした喧嘩だって、これからもこの先も変わらない宝物。

あなたもそう思いませんか?

いつまで経っても消えない後悔に、心がざわつく夜の訪れも、

それはそれほどに、あなたがあの人をまっすぐに想っていた証のようなものだから・・・。

今に向き合うときの、支えに変えて欲しいと思います。

今も心の中で、そして記憶の片隅で、

あの頃のあなたに笑顔を送っていてくれる、唯一無二のあの人に、

力を借りて前を向くこと。

後悔も切なさも、愛しさだって。

未来につながるものだと、私はそう信じています。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?忘れられない特別な人。

あなたの思い浮かぶその人は誰ですか?

背筋を伸ばして今を見つめて、ふと蘇る懐かしい記憶を胸にしまい込むたびに、

少しずつ気づかされる、「特別」という感情のこと。

いつまでも忘れることができないのは、それだけ愛しむことができる時間を過ごすことができた、

証なのかもしれません。

例えそれが、どんなに悲しく切ない思い出だったとしても、

今こうして思い返し、懐かしむことができるというのは、

それほどに気付きの多い、特別な時間だったということではありませんか・・・?

これからも大切に、そして守り続けたい特別な人との特別な思い出。

唯一無二なあの人が、今も幸せでありますように・・・。
 
 

スポンサーリンク