Close

またか…。【嫌味な人】の繰り返す言い訳に、隠されたもの。

白か黒か無理やりにでも決めさせて、グレーは絶対に許さない。

答えにくいと分かった上で、ぶつける質問。

しつこく追及した後は、お得意のあの顔で上から目線でこちらを見ている。

意地悪で嫌味なあの人が、いつも使う言い訳。

あなたもきっと気付いているでしょう?

心に傷を付ける嫌味

呆れ返るほどの嫌味を、いつどうやって準備したのか、

そんなことを考えながら、瞬きの回数をそっと数えたりして、

慣れたくもないけれど慣れてしまったこの不愉快な時間に、心を抑えつけている。

歪む口元から吐き出される何かを強調するように、一瞬大きくなる声は、

耳を伝って、心にナイフで傷を付けられるそんな感覚に似ている。

あなたにはいませんか?いつも意地の悪い嫌味を言う人が・・・。

目の前にある私の気持ちのように真っ暗なコーヒーを、じっとりと眺めて過ごしながら、

いつになったら、この時間から解放されるのだろうなんて考える。

何でもかんでも聞きたがる、嫌味な人。

知るということの責任はお構いなしに、ニヤニヤと頷きながら、

こちらににじり寄って来る。

相槌は足早で、フィードバックはどす黒い言葉の重なり合い。

「何が言いたいの?」 「なぜそんなに意地悪なの?」

喉まで出掛かった本音にハッとして、とりあえずの愛想笑いを浮かべてしまうけど、

単純に同じ土俵に上がりたくないという、救いようがないほど否定的な感情がそこにはある。

耐え忍ぶだけじゃ、自分を守ることはできないこと。

もうずっと前に気が付いているのに・・・。

 

用意周到な言い訳

真っ黒に濁っていく感情は、いとも簡単に楽しみや喜びを塗り潰してしまうほどの、

邪悪なエネルギーに満ちているような気がしてしまう。

「アハハ」

鼻に付く甲高い笑い声が、今も体中に纏わりついているような気がして、

思わず身震いをした。

意地悪で嫌味な人に会った後は、こんな風に望んでもいない気持ちを引きずってしまうことがあるから、

本当に迷惑なんだ・・・。

心無い言葉はいつまでも心を支配して、大切なものを奪ってしまう。

「あんなに人に言われたんだ。どうってことはない」

「あんな人にされたことだ。さっさと忘れてしまおう」

繰り返し言い聞かせて、必死になって落としどころを探すけど、

一向に行き場が見つからないのは、なぜだろう。

大事なところに辿り着くこともできなくて、あっという間にあの日の苦しみに、

引き戻されてしまう。

切り替えのできない苦しみと悔しさに、あなたもとらわれてしまったことがありませんか?

意味なんてどこを探しても見当たらない、ただの屈辱の時間。

深い深い傷は、未だに胸を締め付けてしまう。

「可哀想だと思ったの」 「あなたのためを思ったの」

ニタニタといやらしい笑みを浮かべて、分かりやすいほどの嫌味を次から次に吐き出していたあの人が、

よく使う言い訳はいつも同じで・・・。

すべてが語られていることは、知っている。

痛いくらい知っているから。

 

分からない自分を演じている

スポンサーリンク

自分だけが可愛くて仕方がないあの人に、振り回されてたくなんてない。

白か黒か無理やりにでも決めさせて、グレーは絶対に許さない。

答えにくいと分かった上で、ぶつける質問。

しつこく追及した後は、お得意のあの顔で上から目線でこちらを見ている。

もうウンザリだ。もう付き合いきれない。

ヒシヒシと伝わる醜い感情に、こちらは目を覆いたくなるだけなのに・・・。

やるだけやった後は、いつだってこう。

ありきたりな言葉を並べて、なかったことにしたがって、

逃げたがる嫌味な人。

あなたの周りにはいませんか?

さっきまで散々人のこと侮辱していたくせに、急に語り出す最近の不調の話。

こんなことがあって大変で、こんなことがあって忙しい。

聞き飽きたつまらない不幸自慢は、どうしようもなく手遅れで、

同情すらもすらもできやしないのに・・・。

さっきの意地悪な顔を思い出して、冷静さが増していくこの時間に、

一体何の意味があるのだろう。

嫌味な人は怯えている、自分の弱さを守りたくて。

分からない自分を演じて、乱暴な言葉で人を傷付けて、

本当は気付いていることを隠しているのがよく分かる。

用意周到に準備された言い訳が、すべてを物語っていること。

私にはもうバレてるよ・・・。

あれだけのことを言って、あれだけのことをしておいて、

平然と自分を守り始める嫌味な人。

答えはすべて言い訳に隠されているのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

嫌味な人と過ごす時間に溢れ返る、真っ黒に濁っていく感情は、

いとも簡単に楽しみや喜びを塗り潰してしまうほどの、邪悪なエネルギーに満ちているような気がしてしまう。

そんな嫌味な人がよく使う言い訳。

思い当たるその言葉を、思い返してみて欲しいと思います。

聞き慣れたそれ。いつものパターン。

くだらなくてつまらなくて、ありえないそれを、

さっきまでの自分を消し去るために、わざとらしく盛大に語り出すはずだから。

そんなこと無理なのに。どうやったって不可能なのに。

人を傷付けるだけ傷付けた人が、必死になって自分を庇うあの時間は、

なんとも言葉に出来ない虚しさが漂う時間でしょう?

自分を守る方法をしっかりと見つけて下さい。言い訳に耳を貸すことはないのだから。

あなたはあなたの尊厳を守り抜いて欲しいと思います。
 
 

スポンサーリンク