Close

友達だと思ってたのに。【意地悪】になってしまった友達とのこれから。

楽しかった思い出が、嬉しかったあの日のことが、

こうしている今にも溢れ返りそうで、胸が痛くなる。

信じていたのに。好きだったのに。

ずっと続くと思っていたこの友情に、絶望するあの瞬間。

彼女の横顔に、見つけてしまった意地悪な笑み。

意地悪になってしまった友達との、これからのこと。

嘘だと言って欲しい

どんな顔をしたらいいのか分からない。

さっきの話。さっきのあれ。わざとなの・・・?

頭の中はどうしようもなくこんがらがって、心の中は忙しなく感情が入れ替わる。

今目の前で笑っているこの子が、本当に言ったの・・・?

どうしても信じられなくて、湧き上がる不安を抑えつけて、

うやむやにするかのように、つられるように口角を上げる。

こうしている今も止まらない会話。どんどん進んでいく話を、必死になって追い掛けて、記憶を辿る暇もない。

一瞬で薄っぺらに変わるこの関係に、まるで魔法が解けたような淋しさを感じて目をさらす。

信じていた友達からの、心無い言葉。

どうか間違えだったと言って欲しい・・・。

祈るように並んで歩く帰り道。彼女の横顔に、見つけてしまった意地悪な笑み。

今まで気が付くことができなかった自分を責めて、浮かれていた自分を恥じるこの瞬間に失うものはあまりにも多すぎて、

涙をこらえることに精一杯だった。

意地悪な友達。意地悪だと知ってしまった友達が、あなたにはいないでしょうか?

心のシコリはいつの間にか手遅れなほど大きく膨れ上がって、

見て見ぬふりもできやしない。

最悪な出来事には、どうしてこんなにも最悪な後悔が付きまとうのだろう。

 

憎しみの先に見えたもの

楽しかった。嬉しかった。

あの日のことを思い返すたびに、胸の奥が弱々しく揺れて戸惑ってしまう。

つまらない嫌味に、可哀想にもなる意地悪。

そんなこと気にしていたんだね。そんなこと苛立っていたんだ・・・。

突き付けられた友情の終わり。

受け止めるにはまだ時間が掛かりそう。

深い溜め息に混ぜて吐き出す悲しみは、どうしようもなく行き場のないものだった。

今までは上手くいっていた。そう思っていた友達の豹変。

悲しみはいつしか痛みに変わって、深い傷になる。

あなたの抱えているその苦しみを、優しく抱きしめてあげましょう。

それぞれの事情があることも、それぞれの理由があることも分かっている。

だからこそ時に、複雑に絡み合ってしまう人間関係に、

あなたは今、何を想うでしょうか・・・?

仲直り?やり直す?もう一度?

心の中に浮かぶ数少ない選択肢。これからに目を向けて欲しいと思います。

息苦しいほどの深い戸惑いに、振り回されてしまう前に、

サヨナラの準備を始めてみませんか?

今まで感じたこともない冷たい温度。きっと感じているはずだから・・・。

これ以上傷付けられてしまうのなら、自分を守る選択が必要です。

友達と呼ぶことに違和感のない付き合いができているのかを、一度じっくりと考えて欲しいと思います。

 

これからの距離感を見つめて

スポンサーリンク

勝手に比べて、勝手に嫉妬して・・・。

ヒシヒシと感じるライバル視。

言わなくてもいいようなことばかりを、言葉に変えるたびに歪む口元。

大袈裟な抑揚も、不安を煽るための作り話も。

今でも忘れることができないのは、心に付いた傷が見せる悲しい記憶のせい。

きっとそうだと思っている。

未だに痛む胸の奥。楽しかった思い出を塗り潰してしまうようにぶつけられた憎しみに、

もう何も言葉は出ない。

気付かないとでも思っていたのかな・・・。

傷付けるために準備されたそれを、ただ茫然と眺めてしまう。

意地悪な友達。意地悪だと感じる友達が、あなたにもいませんか?

それぞれでいいことも、自分が優位じゃなければ面白くない、

負けず嫌いの彼女の考えそうなこと。今なら全部分かるよ。

あっという間に壊れた友情に、このまま振り回されないためにも、

前を向く準備を始めて欲しいと思います。

彼女の目的は、あなたを自分の感情に巻き込むことだから・・・。

苛立ちのはけ口にされては、あまりのも理不尽です。

自分を守ることができる距離感を保つことができるように、これからの付き合い方を、

改めて今見つめ直しましょう。

「私って素直だから」とか「そういうつもりじゃないから」なんて、

悪者にならないための言い訳だけは忘れない彼女が、きっとこれからも変わらないこと。

あなたもきっと気付いているはずだから。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

友達だと思っていたのに・・・。

意地悪な友達。意地悪だと知ってしまった友達が、あなたにはいませんか?

耳を疑いたくなるような、トゲにまみれた言葉の中に、

ヒシヒシと感じた彼女の本音。

知りたくもなかった現実に、ただ茫然と立ちすくむ友情の終わりに、

あなた何を想うでしょうか・・・?

楽しかった思い出が、嬉しかったあの日のことが、

こうしている今にも溢れ返りそうで、胸が痛くなる。

一瞬で薄っぺらに変わるこの関係に、まるで魔法が解けたような淋しさを感じてしまうとは思いますが、

思い出は変わりません。

優しい記憶はこれからも抱きしめていればいい。

未来を見つめて欲しいと思います。

手放すべきものは手放す決意が、あなたの未来をきっと明るく照らしてくれるでしょう。
 
 

スポンサーリンク